HOME > 集患 > 患者さんの気持ちを考えた集患対策

患者さんの気持ちを考えた集患対策


あなたは体調が悪くなって病院を探そうとインターネットで検索したとき、どんなホームページなら行こうと考えるでしょうか。患者さんを集めたいのなら、患者さんの気持ちになってみることはとても大切ですよね。
今日は患者さんの立場になって考える集患対策についてお話していこうと思います!

【ホームページは病院の”顔”】
インターネットが普及し、集客方法は昔とは大きく変わりました。今までさまざまな方々からご相談をいただき気付いたことがあります。
病院の場所が良く、腕の良い医者もいるのになぜか患者が集まらない…その原因はホームページに魅力が無いからというのは意外と多いケースなのです!
最近は初めて病院に行く際に、まずはホームページを見てみる患者さんが多くなっています。ホームページはいわば病院の”顔”。ここで印象を悪くしてしまうと、どんなに素晴らしいスタッフが揃っていても、最先端の治療をしていても、足を運んでくれることはありません。まずはそこに気づくことが大切なのです。

【どんなホームページならいいの?】
では、どんなホームページならいいのでしょう?
もしあなたが「デザインなんてよく分からないから、HP制作会社に頼めば安心」と考えているのならちょっと待ってください。
確かにHP制作会社に依頼すれば、素人が作るよりも良いホームページが作れるでしょう。デザインを売りにしている格安のHP会社もありますから、低価格で格好良いホームページを作ってくれるかもしれません。しかしそれだけでは駄目なのです。
たとえ格好良いホームページであっても、その病院に行きたくなるかどうかは別。病院のホームページはアパレルショップではないのです。それにちょっとダサくても、かえって安心感があり好まれることも。写真はデザインとして斬新に加工したものより、はっきりとしたもののほうが病院の様子がよく分かりますよね。
格安なHP制作会社に依頼する前にその点をよくご理解していただき、失敗のない判断をしてほしいと思っています。

【ポイントは共感できるかどうか】
ホームページを見た時、患者さんの悩みを解決できる要素を見つけられたり、病院の考えや理念に賛同できることがとても大切です。
行ったことが無い病院に行くって結構思い切りが必要。院長先生の顔が分かり、生の声が聞けたら安心して足を運べますよね。
それから印象に残るホームページを作るには、インパクトも必要。病院の特徴や治療の内容がダイレクトに伝わるキャッチコピーがあれば、集患率も違ってきます。

弊社は医療系ホームページを数多く作り上げてきた実績があります。
患者さんに病院の魅力をいかに伝えブランディングしていくかが成功のポイントだと考えています。

ちょっとでも気になったなら…ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います!

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

もし集患ホームページ制作をご検討中でしたら私達の提案をお聞きください。
10 年以上成果を出し続けている手法を出し惜しみなくご提供しますので絶対にあなたにとってメリットはございます。