HOME > 集患 > WEB経由で高齢者(最高82歳)の集患成功しています!

WEB経由で高齢者(最高82歳)の集患成功しています!


こんにちは。
坂東です。

久しぶりの投稿になります。
日々、集患対策のご相談や、問い合わせが増えておりまして対応に時間を割いておりました。
本当に有り難いですね。

今後、
「クリニックの経営を安定化させたい」
「集患対策を半自動化させたい」
というお考えでしたら
まずはご相談ください。

さて、今回は、広告媒体の有効性についてです。

先日、新しい広告媒体を試すために
施策を開始した時のお話です。

その広告媒体は、10代から20代の閲覧層が多く、
社会人層には向いていないと言われている媒体でした。

しかし、予測に反して、
問い合わせいただいた多くの層は、
40代以上であり、最年長は82歳の方でした。

WEBマーケティングに高齢者は合わないと
言われておりましたが、それは昔の話。

82歳の患者さんは、家族の方が問い合わせしたのではなく、
自身でクリニックの広告を見て、
内容に共感し、問い合わせしています。

高齢者をメインターゲットにしたい方は、
朗報なので興味のある方は声をかけてください。

地域性、専門性など、あなたのクリニックだけに
存在する特性というものは間違いなくあります。
ここが難しいんです。

検討後、すぐに実践から検証することの
大切さがわかりますね。

テストマーケティングを行う際には、
地域競合の分析も重要になってきます。

例えば、Aという広告媒体に地域競合が
どれだけ広告を出稿しているのか?

こちらの場合、競合数の数を見て、

・地域競合がどのような訴求をしているか
・患者獲得単価
・流行している診療科目


など、おおよそ予測が可能となります。

ただし、広告に出されている診療科目が多いからと言って、
流行っているという事ではないかもしれません。

もしかすると、すでにレッドオーシャン化して、
やむを得ず、広告でPRして問い合わせ数を
増やそうとしているのかもしれませんよね。
その見極め力は大切です。

もし、レッドオーシャン化している診療科目で
再び増患を目指すにはどうしたら良いか?

こちらのテーマについては、
弊社でも多くご相談いただきますが、
詳細は個別相談で承っております。

お客様の中には、直接顔を見てお話したいという
ご要望がございます。

現在、対面の他、Zoomを活用して個別面談という形で
行っていますのでご安心くださいね。
遠方の方でも、対応可能です。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
https://netclinic119.net/contact

院長向け“患者へ伝わる” 医療マーケティングメルマガ

バンラボ代表の坂東が、医療マーケティングを志す医師・医療スタッフ向けに有益な情報をお送りしています。ぜひ、ご登録ください。スマートフォンへの配信希望はQR コードよりご登録お願いします。
メールアドレスは入力必須です。

お名前(姓・名)
*メールアドレス

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

もし、患者にあなたの医院の良さが伝わり売上の上がるホームページづくりや
医療法を遵守した広告戦略をお考えなら、私たちの提案をお聞きください。
10年以上成果を出し続けている手法を出し惜しみなくご提供します。