HOME > アクセスアップ > アクセスは変わらない…..だけど問い合わせは減った。。

アクセスは変わらない…..だけど問い合わせは減った。。


 皆様こんにちは。
 ネット集客クリニックの坂東です。

 今月は会員様の新規サイトの
 公開アップが立て続けに行われ
 大忙しです(汗)

 会員様によって状況は様々ですので
 非常に神経を使いますね。

 ・新規開設
 ・リニューアル

 最近ですとリニューアルが多いので
 特にSEO対策の引き継ぎには
 気を使います。
 
 ミスのないよう
 集中して取り組んでいきたいと
 思います。


——————————————————–
 ■ 安定的集客の仕組みづくりのヒント!
——————————————————–

 アクセスは変わらない…..
 だけど問い合わせは減った。。


 ホームページを公開して
 集患がうまくいっていたのに
 最近になって問い合わせが
 減少してきた。。


 このような経験がある方は
 いらっしゃいますか?



 実は最近このような
 ケースが非常に多いのです。


 広告をやめたわけでもなく、
 過激なスパム行為を
 しているわけでもない。


 ましてや、
 風評被害にあっている
 とも思われない。。




 原因不明の病に近いですね。


 このような場合、
 常にネット集患は相対的な
 関係によって行われている事を
 忘れないでください。


 つまり、
 競合ライバルが何かしらの
 工夫をして集患している
 ことが考えられます。


 その影響で、問い合わせが
 減少しているんですね。




 もう一つの原因、
 ホームページ自体が
 時代に合わなくなったと
 いうことが考えられます。


 5年も10年も前のサイトは
 ドメイン自体も強く
 SEO対策でも非常に有利に
 働きます。



 しかし、作りが古いと
 患者様にとって
 魅力は半減しますよね?


 サイトのコンセプトや
 サイズなどもう一度見直す
 必要があるかもしれません。


 因みに、弊社の古参会員様が
 先日リニューアルをしました。


 リニューアルした理由は
 先に述べた通りです。


 リニューアル後の集患結果は


 大・大・大成功!


 アクセスは以前とは
 変わりませんでしたが
 時代に合わせた
 レイアウトで設計。

 そして、
 SNSとの融合を
 はかることによって
 通常の2倍以上の集患数を
 達成することができました。

 
 今回のテーマのように、
 これといった
 原因が見当たらないのに
 問い合わせが減少するケースは
 意外にも多く
 弊社にもお悩みの問い合わせが
 多いです。


 心当たりのある方は
 参考としてご自身のサイトを
 見直してくださいね!

院長向け“患者へ伝わる” 医療マーケティングメルマガ

バンラボ代表の坂東が、医療マーケティングを志す医師・医療スタッフ向けに有益な情報をお送りしています。ぜひ、ご登録ください。スマートフォンへの配信希望はQR コードよりご登録お願いします。
メールアドレスは入力必須です。

お名前(姓・名)
*メールアドレス

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

もし、患者にあなたの医院の良さが伝わり売上の上がるホームページづくりや
医療法を遵守した広告戦略をお考えなら、私たちの提案をお聞きください。
10年以上成果を出し続けている手法を出し惜しみなくご提供します。