HOME > コンテンツ > 医療系コンテンツ配信を成功させる秘訣

医療系コンテンツ配信を成功させる秘訣


皆様こんばんは!

ネット集客クリニック
坂東でございます。

今年も上半期後半となり
会員様のサイトのたちあげも
落ち着いてきた所です。

残りの半期で集患の上昇気流に
のせて行くための対策を
行います。

一気に集患していく手法もありますが、
費用がかかる点と
クリニックという性質上
人的リソースに限りがありますので
対応ができなくなる恐れもございます。

せっかく集患したのに
お断りしたではもったいないですからね。

緩やかな曲線を描くような
上昇の仕方が経験上良いのでは
と思います。

では、本日も集患のヒントいってみます☆


——————————————————–
 ■ 安定的集客の仕組みづくりのヒント!
——————————————————–

医療系コンテンツ配信を成功させる秘訣



Twitterやメルマガ、
ブログなど現在では集患する為の
ツールとして活用している方も
多いと思います。


当方も
・Twitter
・フェイスブック
・アメブロ
・メルマガ
を集客手段のツールとして
活用しておりこれらのツールから
実際に会員になられた方も
いらっしゃいます。


その反面、上記のようなSNSなど
継続的にがんばっても
なかなか成果に結びつかない方が
多いのも現状です。


そう言う方は
「ブログなんて効果ないですよ」
「メールなんて自分も送られたら嫌だから迷惑に違いない」

など主観的に考えて
諦めてしまう方が多いですね。


たしかに、メールやブログ、
SNSは興味のない方にとっては
何の意味もなく、
いざ配信しても効果はありません。


では、興味があれば
すぐに集患に繋がるのか?

と言えば必ずしも
そうとは言えないのです。


「????」


では、何の為に
配信するのでしょう?


集患する対象となる見込み患者さんは
大きく分けて2タイプあります。

1)今すぐ患者
2)そのうち患者

1)今すぐ患者は、
すでにあなたの医院を知っており
すぐにでも行きたい方ですね。
ですので強力なプッシュがなくとも
来院いただけます。

2)そのうち患者は、
あなたの医院に興味はあるが
その他競合と比較している最中で
来院するかを
迷われている患者さんです。


実は、集患目的でツールを使う場合、
そのうち患者に向けて配信する事が
ほとんどです。


ですので、
ツールであなたの医院に
来院するメリットを
中長期的に伝えることが
必要なんですね。


ここに決定的な
違いがあると思います。


配信する側は即効性ある
集患を求めて配信し、
見込み患者(そのうち患者)は
他院と比較しながらの
クリニック選びを
しています。

そして、継続的に配信した
コンテンツの効果で
他院よりも魅力的だと
感じていただけた時に
患者さんはあなたの
医院を選びます。


しかし、来院されるまで
タイムラグが生じますから、
元々即効性を求めていた
配信する側が
集患できないと思い込み、
来院成功前に
ツール活用をやめてしまうのです。


これって非常に
もったいないですよね?


ツールを活用した集患で
成功するポイントは

「そのうち患者を今すぐ患者に育てる」

という意識が必要だと言えます。

その為にじっくり腰を据えて
医院の魅力を伝える
コンテンツ作りを
行なって行きましょう。

院長向け“患者へ伝わる” 医療マーケティングメルマガ

バンラボ代表の坂東が、医療マーケティングを志す医師・医療スタッフ向けに有益な情報をお送りしています。ぜひ、ご登録ください。スマートフォンへの配信希望はQR コードよりご登録お願いします。
メールアドレスは入力必須です。

お名前(姓・名)
*メールアドレス

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

もし、患者にあなたの医院の良さが伝わり売上の上がるホームページづくりや
医療法を遵守した広告戦略をお考えなら、私たちの提案をお聞きください。
10年以上成果を出し続けている手法を出し惜しみなくご提供します。