HOME > 医院 > あと2割患者さんが欲しい。。というお悩み

あと2割患者さんが欲しい。。というお悩み


あと2割患者さんが欲しい。。というお悩み


皆様こんにちは!
ネット集客クリニックの坂東です。

「あと2割患者さんが来てくれたらいいんです。。」

先日、無料相談のお客様で内科医の先生から言われた言葉です。
ネット集患で現在の集患数よりもあと2割ほど患者さんを増やしたいとの事でした。

理由は申し上げられませんが、
弊社にご相談いただく方の中には様々は原因であと少し患者を増やしたいという方も
おられます。

そして、ネット集患でそういった事は可能か?という話になります。
私の経験上、ある程度集患数をコントロールすることは可能だと思います。

難しいのは、0から1の状態にする事です。
集患マーケティングをして、ホームページの企画を行い制作、
そして集患の技術的な対策となりますが、
この作業までが一番難しいです。

患者さんにどんなニーズがあるのか?
そして、どういった演出・集患対策を行えばご来院いただけるか?を
考えるのが一番時間を費やします

2割患者さんを増やすというご依頼は100%可能という訳では
ないですが、0から1にした後の作業ですのでそれほど大変という訳ではありません。
もちろん、2割しっかりと調整するのは保証できませんが、数を調整する事はある程度は可能です。

様々な理由で集患をご依頼いただく事は、我々技術者としてはレベルアップに繋がり
より高いサービスが提供できると思っております。

大切なのは、医院経営が継続的に成功していく事です。
その為に中長期的な戦略と戦術で地域密着型クリニックの集患支援を行っていきたいと思っております。

院長向け“患者へ伝わる” 医療マーケティングメルマガ

バンラボ代表の坂東が、医療マーケティングを志す医師・医療スタッフ向けに有益な情報をお送りしています。ぜひ、ご登録ください。スマートフォンへの配信希望はQR コードよりご登録お願いします。
メールアドレスは入力必須です。

お名前(姓・名)
*メールアドレス

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

もし、患者にあなたの医院の良さが伝わり売上の上がるホームページづくりや
医療法を遵守した広告戦略をお考えなら、私たちの提案をお聞きください。
10年以上成果を出し続けている手法を出し惜しみなくご提供します。