HOME > 集患 > 成功した開業医が行った増患対策 5つの法則

成功した開業医が行った増患対策 5つの法則


成功した開業医が行った増患対策 5つの法則

皆さまこんには
ネット集客クリニックの坂東です。

私は医療系専門でインターネットからどのようにして
患者様を集めていくかを研究、実践している
コンサルタントです。

コンサルタントと言っても、
アドバイスやセミナー講師みたいなことだけでなく
実際にクライアントに代わって
患者集めのお手伝いをしています。

代行というよりも
開業された医師の方々と一緒になって
頑張っていくという表現の方が良いかもしません。

今日は、これから患者さまを集めていきたいという方向けに
私がこれまで担当したクライアントで
成功された方がどのような意識で増患対策を
していったかという事をお話したいと思います。


ズバリ、
成功した開業医が行った増患対策 5つの法則
です。

①専門分野に特化で増患対策
よく多くの診療を行った方が患者様も多く来てくれるし
売上も上がると思われがちです。
全く間違いではないのですが、
資金のない開業当初はできるだけ専門分野に特化して
アピールすることが鉄則になります。
ある程度、経営が軌道に乗ったところでより
広げていくことが理想的です。

②医院の強みを(USP)を持って増患対策
医院の強みを持つことは競合と比較しても
差別化することができるんですね。
一般の企業と同じで、生き残るには
明確な差別化できるポイントをつくるが先決です。

③ネット上でマーケティング・リサーチを徹底的に行って増患対策
インターネットでは、自身の競合がどのような
増患対策をしているかすぐにわかります。
リサーチして地域競合よりも勝てる要素を見つけ出すことが
重要です。

④インターネット使いこなして広告活動を行って増患対策
増患対策で主役になるのは、やはりインターネット。
現在の医療集患分野で患者様のほとんどは
インターネット経由からの来院です。
訴求性のあるホームページを作り、SEO対策やクチコミ対策、
PPC広告など使用して増患対策を行なって行きましょう。

⑤集患からリピート診療までを仕組み化させて増患対策
実は最後が大切。
実際に集患成功してもリピートしてもらわないと
利益化することが難しくなります。
よって適切なリピート対策により、利益を最大化する
仕組み作りが大切になります。
私がコンサルティングする場合でも、最後の増患対策が一番難しく
クライアント様と共同作業によって成功に導いております。

院長向け“患者へ伝わる” 医療マーケティングメルマガ

バンラボ代表の坂東が、医療マーケティングを志す医師・医療スタッフ向けに有益な情報をお送りしています。ぜひ、ご登録ください。スマートフォンへの配信希望はQR コードよりご登録お願いします。
メールアドレスは入力必須です。

お名前(姓・名)
*メールアドレス

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

もし、患者にあなたの医院の良さが伝わり売上の上がるホームページづくりや
医療法を遵守した広告戦略をお考えなら、私たちの提案をお聞きください。
10年以上成果を出し続けている手法を出し惜しみなくご提供します。