HOME > コンサルタント > 心からのありがとうと言ってもらえるサービスを

心からのありがとうと言ってもらえるサービスを


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

バンラボの坂東です。

年末年始は私にとっては、インプットとアウトプットに集中できる時期になります。
読書でのインプット、新規事業の資料作り、ブログ投稿でアウトプットなど、
自宅やカフェで思う存分できることは本当に気持ちいいです。

今年もクライアントから「心からのありがとう」を言ってもらえるよう
最大限ベストを尽くしたいと思います。

私達の仕事は、まず成果をあげてこそ価値があるのであり、
そこは揺るぎないものです。
しかし、成果をあげるまでの期間、お待たせすることもあり、
クライアント側にフラストレーションを溜まらせてしまう時があります。

その時、当然ながら、お叱りを受けるときもあります。

しかし、事情をしっかり説明し、理解していただけたら
新たなる信頼関係が生まれます。
コンサルタント業の本来の姿だと思います。

その反面、クライアントの中には、

・効果が出ないから値引きしろ
・信じていたのに騙された
・契約書の内容を変更しろ

など、言いがかりともとれることをおっしゃられる方もいます。

上記のような事を言われたら我々はコンサルタントとして
おしまいです。
非常に残念ですが、このようなクライアントの案件は、
弊社の方からお断りしております。

私達は「感謝されてナンボ」の世界で生きています。

クライアントをリスペクトし、
クライアントから「心からのありがとう」
をいただき交互にリスペクトし合う関係性で成り立っています。

リスペクトがなくなった時、
私達はただの業者に成り下がってしまいます。

サービスの内容うんぬんよりも
ただ値引き要望しかしてこなくなる。
また、本来はご指示をさせていただき、成功に導くことが重要ですが、
俺たち(クライアント側)の言うことを聞け、
要望どおりに動けというスタイルになってしまいます。

私達はそのようなサービスを提供したくて、支援を行っているのではありません。

もう一度、初心にかえり、
創業したときの理念を思い出しました。

クライアントと信頼関係を結び
「心からのありがとう」を言ってもらえるサービスを提供する!

今年も理念にこだわってサービスを提供させていただきます!

院長向け“患者へ伝わる” 医療マーケティングメルマガ

バンラボ代表の坂東が、医療マーケティングを志す医師・医療スタッフ向けに有益な情報をお送りしています。ぜひ、ご登録ください。スマートフォンへの配信希望はQR コードよりご登録お願いします。
メールアドレスは入力必須です。

お名前(姓・名)
*メールアドレス

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

もし、患者にあなたの医院の良さが伝わり売上の上がるホームページづくりや
医療法を遵守した広告戦略をお考えなら、私たちの提案をお聞きください。
10年以上成果を出し続けている手法を出し惜しみなくご提供します。