HOME > 集患 > 美容外科の集患対策に変化は起きるか

美容外科の集患対策に変化は起きるか


ホームページをご覧いただきありがとうございます。

既に、発表されていますが、
2018年6月より医療法の改正により、
ホームページに掲載する内容および広告の規制がさらに厳しくなります。

今回は、患者の体験談やビフォーアフターの掲載が
ホームページ上で掲載できなくなるという内容です。

美容外科やメンズクリニックなど、主に自費診療を専門にされている
クリニック様にとっては、大打撃ではないかと思います。

これまでもネット上の広告審査では、
ビフォーアフター、体験談はNGでしたので、
その回避策として、広告に掲載しないページに上記内容を掲載していたんですね。

そして、広告に掲載するページには、
ビフォーアフター、体験談ページに誘導するように
リンクを貼っていたのです。

いわゆるグレーゾーンな手法なのですが、
ワンクッション置くことによって、
規制回避が出来ておりました。

来年から、誘導先のページですら掲載することができなくなったということで
我々も次なる手法を模索しないといけません。

これら規制が厳しくなってきた背景としては、
ヤラセでの口コミ投稿や、高額治療に対するトラブルなどが
問題視されたのではないかと考えられます。

しかしながら、「真実の患者の声」というのは、
複数の医療機関を検討している患者にとっては、
自身にあった医療機関選びを行うにあたって有り難いものですし、
なくてはならないものだと思います。

ですので、
近い将来、どのような現象が起きるか予測してみました。

その一つが、
患者が自身のSNSで口コミや、ビフォーアフターを掲載する。

ことが一つ言えるのではないかと思います。

これまでのように、医療機関側でコントロールできない事ですので、
口コミ、体験談など、より真実性が増す形になると予測しています。


集患・増患対策をお考えの方はこちら

院長向け“患者へ伝わる” 医療マーケティングメルマガ

バンラボ代表の坂東が、医療マーケティングを志す医師・医療スタッフ向けに有益な情報をお送りしています。ぜひ、ご登録ください。スマートフォンへの配信希望はQR コードよりご登録お願いします。
メールアドレスは入力必須です。

お名前(姓・名)
*メールアドレス

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

もし、患者にあなたの医院の良さが伝わり売上の上がるホームページづくりや
医療法を遵守した広告戦略をお考えなら、私たちの提案をお聞きください。
10年以上成果を出し続けている手法を出し惜しみなくご提供します。