HOME > 集患 > クリニック経営に最適なネット集患

クリニック経営に最適なネット集患


クリニック経営に欠かせない集患対策

クリニックを開業するとなると、重要なのは集患対策です。

クリニックの開業前、そして開業した後も日々忙しく、集患対策にまで考えが及ばないという方は実は少なくありません。ですが、なんの対策もしないままでいると充分な数の患者さんを集めることができなくなります。そうなれば、クリニック経営が苦しくなるのも自明のことですよね。

立地や医療設備などにこだわりを持ってクリニックを開業したとしても、集患のための対策をしておかなければせっかくのメリットも患者さんに伝わらず、意味のないものとなってしまいます。クリニック経営を順調に行っていくためには、集患対策が欠かせません。

集患対策には様々な方法がある

「集患対策」とひとくちに言っても、具体的に行う手法については様々なものがあります。

多くの方がまず思いつかれるのはやはり広告を用いた集患ではないでしょうか。広告にも、クリニック近くの地域へのポスティングをはじめ、バスなど公共交通機関へ広告を出すこと、看板の用意、クリニックの窓に広告や看板を出すこと、またインターネット上の広告を活用するなど、幅広いバリエーションがあります。

数多くの広告方法の中から実際に行うものをどう選ぶかは、クリニックの立地や予算の都合、想定している患者さんのターゲット層など、クリニック経営に関する様々な要因から決めることになります。クリニックがどこにあるか、例えばビルの上階にあるのか一階にあるのかなど、こういったところからもどんな広告が効果的かは変わってくるのです。

集患のためどんな対策を行っていくかという問題は、期待する程度の効果が見込めるかという点の他、広告に使える予算がどの程度あるかということと切っても切れない関係にあります。クリニック経営のための集患対策ですから、かかる費用と得られる効果のバランスは常に考えておかなければいけません。

クリニック経営には費用対効果に優れた集患対策が必要

多くの場合、クリニック経営は小規模資本で行われているかと思います。これまでたくさんのクライアントの皆さまにいただいたご相談も、そのほとんどが小規模資本で開業したクリニック経営に関するものでした。つまり、ほとんどのクリニックにおいて広告費として用意できる予算はさほど多くはないと考えることができます。

そうなると、クリニック経営のため行う集患対策については、その費用対効果がとても重要になってきます。もちろんクリニック経営の規模を問わず、なるべくコストを抑えつつ、高いパフォーマンスが得られるような集患対策が一番の理想であることは変わりありません。ですが小規模資本で開業したクリニック経営については、コストパフォーマンスの良さがより一層切実な問題となります。

そこで、費用対効果に優れている集患対策として弊社がおすすめしたいのがインターネットを活用して行うホームページ集患です。ホームページを使うネット集患は、かかるコストは少ない上に高い効果が期待できるとても優秀な集患対策なのです。

 

他業種とは異なる対策が必要になるクリニック経営


インターネットを使ったマーケティングや集客・集患については、多くの企業やお店、総合病院などで行われています。ただ、クリニック経営のためのホームページ集患については、こうした他の業種や大きな総合病院におけるネット集患とはまた違ったアプローチが必要になってきます。弊社では、こうした小規模資本のクリニック経営が行うホームページ集患に特化しておりますので、ぜひ安心してご相談いただければと思います。

クリニック経営に最適なインターネットを活用した集患対策

クリニックの集患対策として、弊社ではインターネットを活用したホームページ集患が一番適していると考えています。もちろん先ほどご紹介したような他の集患対策、例えば広告の活用といった方法も効果は期待できますが、費用対効果の面から考えればやはりホームページ集患が最もクリニック経営には合っていると言えます。

ネット集患をおすすめする理由は他にも色々ありますが、低いコストで患者さんのニーズをしっかり分析し、クリニック経営のための戦略を練ることができるというのが一番大きいメリットと言えます。マーケティング結果は常に少しずつ変化していくものですが、自分のクリニックのホームページならマーケティングの結果をリアルタイムで反映させることも可能です。これは広告や看板など他の集患対策との大きな違いのひとつですね。クリニック経営に良い効果がありそうな情報を得たらすぐに変更・改善していけるのは大きなアドバンテージです。

また現在は患者さんたちがインターネットの検索エンジンを利用してクリニックの情報を集めることも増えてきましたので、しっかりしたホームページを制作することが直接集患につながるというのも嬉しいポイントです。逆に、ホームページの制作をしていなかったり、制作したとしても簡素で情報をただ書き連ねただけになっていたりする場合、その影響は患者さんの数に如実にあらわれます。インターネットが普及した現在、患者さんになり得る方々も様々なWEBサイトや広告、宣伝などを目にしています。その中で中途半端なホームページを制作したところで、集患効果があらわれないのは当然のことですよね。

クリニック経営、そして集患対策においては、単純に必要な情報のみを用意するだけではなく、患者さんが求めている情報や「このクリニックなら信頼して利用できる」という安心感を与えられるようなホームページ制作が求められているのです。

インターネットを利用した集患対策はクリニック経営と並行して個人で行うのは難しい

インターネットを利用した集患が効果的なら、自分でインターネットマーケティングをしてみようとお考えになる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、たとえインターネット関係の技術などにお詳しい方であっても、クリニック経営者様ご自身でインターネットマーケティングや集患対策を行っていくことはあまりおすすめできることではありません。

それは、インターネットマーケティングには毎日多くの時間や手間がかかるからです。日中のアクセス解析をはじめとした各種分析の負担は大きいですから、個人で対応しようとするととてもハードです。

クリニック経営者様は、ご自身で診療を行っているというケースがほとんどかと思います。そうなると、クリニックの業務、経営に関するタスクにプラスして、インターネットマーケティングを行わなければいけませんよね。クリニックの経営者様への負担がかなり大きくなってしまうことは明らかです。

その負担を肩代わりするためにも、私達のようにネット集患に特化した会社があるのです。弊社では長年クリニックの経営者である医師の方と協力して集患対策を行ってきました。その中で蓄積した経験とノウハウを活かし、インターネット集患を通して経営のお手伝いをさせていただいているのです。

 

まとめ

インターネットを使ったマーケティング、そして集患対策は、様々なメリットのあるおすすめの集患方法です。コストパフォーマンスに優れているということ、リアルタイムで患者さんのニーズに対応していけるということに加え、クリニックに関する情報を自由に、無制限に発信できるツールとして、弊社ではネット集患、その中でもホームページ制作をおすすめしております。

広告を出すことも効果的ではありますが、一度準備した広告はそう簡単に書き換えることはできませんし、広告を増やすとなればそれだけ広告費がかさんでしまいます。一方、クリニックのホームページの内容については自由に書き換えることができますし、患者さんの求めるものがわかればすぐに対応して改善していくことも可能です。経営者様ご自身のポリシーやクリニックの方針などのアピールもしていけますので、PR力が抜群なのです。

コストが低く高い集患効果も期待できるネット集患について、気になることがあればぜひ弊社の無料相談をご利用ください。

院長向け“患者へ伝わる” 医療マーケティングメルマガ

バンラボ代表の坂東が、医療マーケティングを志す医師・医療スタッフ向けに有益な情報をお送りしています。ぜひ、ご登録ください。スマートフォンへの配信希望はQR コードよりご登録お願いします。
メールアドレスは入力必須です。

お名前(姓・名)
*メールアドレス

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

もし、患者にあなたの医院の良さが伝わり売上の上がるホームページづくりや
医療法を遵守した広告戦略をお考えなら、私たちの提案をお聞きください。
10年以上成果を出し続けている手法を出し惜しみなくご提供します。