HOME > ホームページ制作 > ホームページのメイン画像変えると反響は上がるか?

ホームページのメイン画像変えると反響は上がるか?


坂東です。
年明けのお忙しい最中、サイトにアクセスしてくださって有難うございます!
本日、弊社ホームページのメイン画像を変えてみました。
前回と大きな違いといえば、背景白から背景黒にしたことです。
各業種によって、色も違いがあって、
例えば、医療機関でいうと、イメージカラーは「水色」や「オレンジ」が多く使われます。
弊社ホームページでも、医療機関のイメージに合わせて、同じく「水色」や「オレンジ」を多用しています。
しかし、今回、背景を「黒」にした理由は、実験的な意味合いが強いです。
通常、クライアントのホームページを作る場合、「黒」を使用することは禁じ手であり、
使用してもおそらくイメージに合わないという理由で却下になると思います。
しかし、インパクトを出すということを考慮すれば、
常識を覆す「黒」は試す価値のある色です。
背景「赤」なんていう色も激しい色ですし、医療機関のイメージには無いので、試す価値はあるでしょうね。
僕らの行っている実験的な事は、医療機関のイメージからすると邪道な配色だと言えます。
その半面、検証することにより、今後、常識を覆し、スタンダードになる可能性だってあるのです。
実際に、クライアントのサイトに反映する前に、
しっかり、効果検証をしてみて
「この配色はいける!」
と確かな手応えが出た時点で、コンサルティング時に提案致します。
弊社の実験的な背景「黒」をそのままベタ塗りすることに抵抗がある場合、
例えば、くまモンのような黒色のキャラクターを登場させて背景に設置することで反響率を上げることも出来るかもしれません。
キャラクターでしたら小児科を始めとして、取り入れ可能ですよね。
このような検証を行い、どのような配色だったらホームページの反響率がよくなるかを日々計測しております。
集患対策や、集患用のホームページ制作をご検討でしたら、お気軽にご相談ください。

院長向け“患者へ伝わる” 医療マーケティングメルマガ

バンラボ代表の坂東が、医療マーケティングを志す医師・医療スタッフ向けに有益な情報をお送りしています。ぜひ、ご登録ください。スマートフォンへの配信希望はQR コードよりご登録お願いします。
メールアドレスは入力必須です。

お名前(姓・名)
*メールアドレス

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

もし、患者にあなたの医院の良さが伝わり売上の上がるホームページづくりや
医療法を遵守した広告戦略をお考えなら、私たちの提案をお聞きください。
10年以上成果を出し続けている手法を出し惜しみなくご提供します。